お金なくて家賃が払えない苦学生がするべき副業1選

ママ活

お金が手元になくて家賃が払えない状態ってストレスも不安もあって、つらいですよね。

「こんなきつい生活いやだ」「早く家賃を払いたいけど払えない」と焦る気持ちばかりが強いかと思います。

家賃が払えない状況が続くとどうなるか。

「お金が払えなくて家を追い出される」前には、「連帯保証人に連絡が行ってしまう」といったリスクが存在します。

お金が払えなくて家賃を滞納してしまうと最悪、訴訟で明渡しを要求されるようなこともあるでしょう。

それではどうやって学生で家賃が払えない人は対応したらいいでしょうか?

お金がなくて家賃が払えない学生でもできる副業についてご紹介します。

お金なくて家賃が払えない苦学生が抱えるリスク

前提として、お金がない苦学生が抱えるリスクについて確認しておきましょう。

家賃を滞納すると…

  1. 家賃の支払いの催促が来る
  2. 連帯保証人へ連絡が行く
  3. 明け渡し訴訟の可能性が高まる
  4. それでも払わないと強制退去

といった順序で最悪の結果となってしまうので法手続きに発展する前に1日でも早く家賃を払うのがベストです。

「とはいえ、払えたらとっくに払ってるよ!」というのが苦学生の実情ですよね。

ここからの副業についての本題となります。

お金が払えなくて滞納する前に稼げる副業

バイトよりも確実に手っ取り早く稼ぐことで、家賃をきちんと払うことができます。

1.デート系アプリで女の子とデートする

いわゆる「出張ホスト」と言えば通じやすいでしょうか。

現在ではマッチングアプリで簡単に相手が見つかる時代となっていますし、奇跡の1枚写メさえあればデート相手に困ることもありません。

お金も即金で手渡されますので、振込が遅くて家賃が払えないといったことはないでしょう。

具体的にsanmarusanといったアプリならデート系・セフレ系のマッチングアプリとなっており、男性もキャストとして女性をエスコートすることができますよ。

2.添い寝サービスをする

こちらも上記マッチングサイトにあるオプションですが、デートだけでなく添い寝もできるサービスがあります。

価格設定は自由に決められますし、まずはデートキャストとして登録して、常連客がつくようになったら添い寝オプションもつけてみるといいでしょう。

嫌な人に対しては普通のデートオプションで、オキニのお客様に対してだけ特別オプションとして添い寝サービスを提供してあげるのもいいですね。

いずれにしてもあなたに対してファンがつけば現金化するのは容易いですから、家賃を払うための最短距離となりますよ。

3.ハプニングサービスで乱交もできる

場合によってはハプニングサークルに呼ばれ、乱交に混ざるようなこともあるでしょう。

肉体的な接触になりますので、報酬もはずみます。しかも女の子とエッチすることもできるので、男子大学生にとっては一石二鳥で楽しめるイベントとなりますね。

その他ハーレムパーティー・大人のサークル・変態サークルといった体験もできるので、貴重な経験をしつつお金も稼げるという楽しさがあります。

もし興味があれば、セフレ系込みのデートをすることで家賃代を超える金額を稼ぐことが可能です。

まずはデート系のキャストとして働いてみて、人気がでてきたらセフレ系にもシフトしてみると稼ぐチャンスが増えるでしょう。このように稼ぐには人気が大事になりますから、まずはデート系キャストとしてであなたに興味を持ってくれる女性を増やすことが先決です。

コメント