ママ活の相場は?もらえるお小遣いはどれくらい?

ママ活

結論からいうとママ活の相場は1時間あたり5000円からで、1日のデートになると3万円といったところでしょうか。

ママ活の相場の内わけは?

いつもお小遣いを貰うわけではなく、プレゼントや食事代などの対価で支払っていただくことがあります。自分は年上女性が大好きで、同世代の女性とのデートではつまらないこともあって楽しみながらママ活をしています。

プレゼントをいただいたり、食事代を出してもらえるのはありがたいですが、それほどお金に困っているわけではないので趣味のようなものです。

もちろん、お金に困っている場合は、その旨を伝えればより多くの対価を得られるのがママ活の魅力でもあるため、お金に対する姿勢というのはそれぞれにより異なるのが実情であると言えます。

ちなみに私は普段、ママ活サイトにsanmarusanを使っています。

デート時間別の相場

ママとデートをする場合には、お小遣いを頂いています。大体1回のデートで数万円が相場かなと考えています。もちろん、食事など全て相手が出してくれますが、それにプラスアルファをしてお小遣いを数万円いただくことが多いのです。

ママ活をしたことがある同じ年の人の中には、ディープなお付き合いをしている人もいて、そういう人はデート代をもっともらっているといいます。ただ、自分の場合は体の関係は断っていて、食事や映画、カラオケなど恋人同士のような付き合いにとどめているので、他の人に比べるとほか値をもらっている方ではないです。

年上の女性と出会える機会があまりないことから、ママ活を利用して大人の女性との会話や出会いを楽しんでいるのです。

月極契約の相場

これは自分は経験したことがないので、知り合いの経験を紹介します。

月極で愛人契約のようなことをしている大学の友達は、月額多いときだと100万円近くもらうこともあるようです。もちろん、これは体の関係もあるのでこれだけの金額になるのも納得できます。

さらに、マンションを与えてもらったり食事代や洋服代も出してもらっていたりするので、一月あたり100万円以上の対価を受け取っていることになります。

愛人契約のようなものをしている友人は、とにかく羽振りがよくて身につけている洋服もブランド物ばかりなので、ママ活でかなり稼いでいることが分かります。容姿もそれなりに良いので、イケメンだからこそできることなのかも知れません。

ちなみに、友人もsanmarusanで太ママを見つけたと言っていました。

ママ活でお小遣いの交渉はどうやるの?

僕の場合にはママ活でお小遣い交渉をすることはありません。しかしながら、ママ活上級者の友人の話では、今月のカードの決済が厳しいことや苦学生ぶりをアピールすることでいつも以上にお金を引っ張ることができる場合もあるといいます。

自分の場合には、食事をしながら会話を楽しんだり、ショッピングの時にプレゼントをしてもらったり、デートの際にお小遣いをもらえるだけで十分だと考えています。あまりもらいすぎると今度は体の関係を求められるので、お互いが後腐れなく別れられるようなママ活を楽しんでいるのです。

ママ活のお小遣い交渉で有効なのは、将来の夢を語ると食いつきが良いと聞きます。自分はこの手の戦法は使ったことはありません。

ママ活で相場以上に稼ぐには

ママ活で相場以上に稼ぐのに最も効果があるのは、愛人契約を結ぶことです。自分のような広く浅くママ活をしているとあまり稼ぐことはできませんが、自分は十分楽しめているのでこれいじょうは必要ありません。

愛人契約を結べば、学生の身分に不相応とも言えるくらいのお金を手にすることが可能です。マンションや車を買い与えてくれるママも都内には多く、余っているお金を若い男の子に使いたいという欲求を持つ大人の女性は意外と多いのです。

そうしたニーズに上手くマッチングすることができれば、相場以上を稼ぐことは意外と簡単です。おまけに、甘え上手だったりすればちょくちょくお小遣いを弾んでくれるので、月額100万円も夢ではないといいます。

コメント