大学生がママ活したい時に最初にやるべきことは? 月に100万円も夢じゃない?

ママ活
  • 大学生でママ活したい!
  • けどいいアプリもサイトも分からない
  • ガッツリ稼げるサイトややり方が知りたい

といった悩みをこの記事では解決していきます。

大学生はママ活しやすいのが一番のメリット

まず前提として、大学生が一番ママ活しやすい時期であるので、ママ活で大きく稼ぎたいなら大学生のうちに稼ぎきってしまうくらいの勢いを持つことが大切ですよ。

理由として、

  • 大学生は同年代よりママに可愛がられるから
  • 若い男の子は癒やしを与えられるから
  • 時間が豊富にあり、デート時間の設定などがしやすいから
  • おねだりや買い物の交渉がしやすい(甘えやすい)から

といった要素が挙げられるでしょう。

もちろん、大学生だからといって誰でもママ活が成功する!とは言えません。しかし他のライバルより努力をすることで、必ず100万円を超える報酬をゲットできるのが大学生がママ活をする最大の魅力です。

大学生のママ活で最初にやるべきことは?

まずアプリ選びから始めていくのがいいでしょう。

アプリとしては会員数が多いワクワクメール、ママ活公認のAsobo、大学生専用のシルク、デート系・セフレ系のママが見つかるsanmarusanなどが挙げられます。

基本的にこの4つを使い分けていけばOKです。大学生ならシルクをメインとして使い、そのほか使えそうなアプリを試しに使ってみて感触が良ければサブ的に使っていく方法がおすすめです。

1.シルクでのママ活の注意点

シルクは大学生しか使えないので、ライバルも当然大学生となります。

そこで求められるのはもちろん顔で、残念ながらブサメン~フツメン程度だと良ママに出会いづらいという欠点があります。

その点ワクワクメールやAsobo、sanmarusanは穴場となりますので、もし自分がイケメンじゃないという自覚があるようなら他のアプリも試してみるべきですね。

2.目的をしっかり持つことが重要

単に「お小遣いが欲しいから」といった理由でママとメッセージ交換をしても、ママ活はうまくいきません。

「ただお金がほしいだけじゃん!」とこちらの下心を見透かされてしまうからです。

そうではなく、「将来○○を成し遂げるための資金がほしい」「そのための応援をしてくれる人を探している」といったアプローチをしていけば、おのずと応援したいと思ってくれるママが現れてくることでしょう。

本心ではお小遣いがほしいと思っていても、建前としての目的設定をすること。

それが大学生ママ活を成功させるためのカギとなりますよ。ママが応援したくなるのはやはり、夢を持っている男子ですからね。

3.太ママを見つける

次に、太ママというお小遣いをたくさんくれるママを見つけられるかどうかが大学生が100万円を稼ぐことにつながります。

太ママというのは基本的に月極で月10万~20万程度お金を貰えるママのことで、1回単発デートでお小遣いを貰うより安定してお金を稼ぐことができます。

単発ママは切り捨てて、本格的に稼がせてくれる太ママを見つけることが大学生で100万円を稼ぐ近道となります。

もちろん最初のほうでは単発ママも大切にして、太ママになりそうな女性が現れたらそちらにシフトしていきましょう。

最初はママを見つけるのも大変ですから、単発でどんどん相性が良いママを見つけていくフェーズも必要です。

コメント