セックスしてお金稼げる?男子大学生におすすめのママ活とは

Uncategorized

「肉体関係ありのセックスでママ活したい!」
「けどおすすめサイトが分からない…」

とお悩みではないですか?
最近では肉体関係ありのママ活サイトが登場してきており、20代前後のお金がない若い学生を中心に人気を博しています。

肉体関係なしの従来のママ活サイト

肉体関係なしの従来のママ活サイトはsilk(シルク)が有名でした。こちらは有名大学生だったらママ活で稼げるといったスタンスで、20歳前後の学生が軽いお小遣い稼ぎをするのに向いているアプリだと言えます。

もちろん食事やデートが中心なので、お小遣いの額は少額になりがち。一人のママにつき1月に5万円稼げれば良いほうでしょう。

新しく登場してきた肉体関係ありのママ活サイト

いわばママ活2.0といったサイト群ですが、その中心としてはsanmarusanなどデート系・セフレ系のグレーなマッチングアプリです。

これらのサイトを使ってママに肉体を提供し、お小遣いを得るといった肉体関係ありのママ活では大学生でも月に10万円~稼げるので、もしお金に困っているようなら検討してみてください。

肉体関係ありのママ活のデメリット

肉体関係ありのママ活は、メリットばかりではありません。

1.肉体的に疲れる

女性と違って何度もイけるわけではない男性は、肉体的に1日に何人ものママを相手することができません。

そこで必然的に少数のママから大きく稼ぐためには、一人あたりの単価を上げる必要があります。つまり太ママに育て上げる必要性があるわけですね。

デート系のママだったら一日に何人も相手できますが、エッチありのママの場合には太ママ化していかないとキツいという現実があるでしょう。

2.病気が怖い

性的に接触することになるので、性病などのリスクもあります。3ヶ月に1回など定期的に病院で検査する必要があるので、その分の出費も嵩んでしまうかもしれませんね。

もしセックスありのママを探すなら、スキンありでの交渉を事前にすべきです。生でしたいというママも中にはいるかもしれませんが、エイズなど重大な病気にかかるリスクもあるので注意が必要です。

3.太ママを見つけるテクニックがいる

最初に書いたように、エッチありのママの場合には数をこなすことができないため、太ママを見つける必要があります。

また太ママは容姿が優れている人ばかりではなく、場合によってはブスだったりぽっちゃりだったり見るからにBBAなママを抱く必要がある点で、ある意味AV男優のように誰でもできる精力が求められることもあるでしょう。

太ママを見つけるにはそれなりに選ばれし人間でなければいけませんので、軽いママ活程度でしたらsilk(シルク)などカジュアルなアプリで活動するのも手です。

太ママが見つかるマッチングサイトは1つ

sanmarusanなら太ママが見つかりやすく、デートの中でお小遣いの交渉もできるためママ活するのに困らないでしょう。

またデート中にプレゼントを受け取るのは自由ですから、お小遣いだけではなくオプションで稼ぐことも可能です。

食事するだけでも活動できますし、食費を浮かすために気軽に使えるアプリにもなっていますね。上手に甘えてお小遣いだけでなくプレゼントもママにねだってみるのもいいでしょう。

もしお金に困っていてセックスありのママ活がしたい大学生は大きく稼げるチャンスがありますので、検討してみてください。

コメント